2022年8月20日にDANSを行いました!

看護学生のつどいDANS.png

2022年8月20日にDANSを行いました!

​東海北陸地協・第16回看護学生ゼミナール・DANS

「つなぐ 会えなくても想いはひとつ~with時代へ~」をテーマに8月20日にオンラインにて開催されました。

 

オープニング・各県紹介(コロナが落ち着いたら行きたくなるような紹介がたくさん!)に続いて、自己紹介や心理ゲーム等のグループ交流会が和やかに行われました。

記念講演はファルマネット岐阜の戸崎日月さんから「地域の貧困とその支援」についてお話しいただきました。

講演を聞いてのSGDとグループ交流(トリアージゲーム)と盛りだくさんの内容でした。

他の奨学生の意見や考え方を聞いて様々な視点があることを知り、新たな考え方として刺激をもらえた等、実りのある交流会だったと感想をもらっています。

 

◆DANSってなぁに?

Dear Active Nurse Studentsの略。

東海・北陸の看護学生による学び・交流し合う場です。

内容・企画なども学生からなる実行委員が主体となって行います。

コロナ禍以前は、いずれかの県で合宿をしていました。

 

◆DANSに参加するとこんな良いことがあるよ!

*名南会以外の愛知の法人や、他県の看護学生と繋がりができるよ!

*実行委員では主体性や協調性を身につけることができるよ!

*コミュニケーション能力のアップにつながるよ!

 

次回のDANSに参加したい、もしくは実行委員としてやってみたいという方は、是非ともお問い合わせください。(※DANSは年に1度程度で開催しております。次回の開催は来年の予定になります。)